肩こりの場合には座ったままストレッチをしよう

肩こりの場合には座ったままストレッチをしよう

デスクワークをしている場合には、長時間同じ姿勢やいすに座り続けていることも多く、あまり体を動かすことがありません。

そのため、筋肉がかたくなり血行不良などが起きてしまい、肩こりや腰痛、頭痛などになりやすい傾向があります。

肩こりを改善するためには、仕事などで作業をしている時に座ったまま軽くストレッチをするだけでも、ある程度効果が期待できるでしょう。

筋肉を適度にほぐし、血行をある程度改善してくれますので、作業の合間に試して見ましょう。

関連記事

  1. 股関節の痛みは他の症状も一緒に

  2. 仙腸が歪むことが原因で肩こりが起こることもある

  3. むち打ち症で長期間の治療は認められるか?

  4. むくみの原因と解消法

  5. 首ヘルニアについて。

  6. 更年期障害でおこる鬱病はストレッチで対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。